ビハクシアの使い方を検証!使う量、使うタイミングや注意点は?

美容関連

リタコスメのビハクシア(VIHAXIA)は効果効能に有効な成分が一定濃度で配合されている医薬部外品です。

効果が期待できる分、逆に医薬部外品ということでビハクシアは使い方が特殊だったりするの?

ご安心ください!

ビハクシアの使い方は一般的な美容クリームと同じように気軽に使えます♪

いつものスキンケアにビハクシアをプラスするだけです。

この後、具体的な使い方や使うタイミングなど、また私自身も実際に使ってみたので使い心地などもご紹介します。

先にビハクシアの公式サイトを確認したい方は、こちらをクリック(タップ)すると移動できます。

 VIHAXIA(ビハクシア)美白薬用クリーム

ビハクシアの使い方や使うタイミング

ビハクシアを使うタイミングは、朝晩のスキンケアの最後!

いつもの基礎化粧品(化粧水や美容液等)を使った後、最後の仕上げとして使います。

具体的な使い方は、

  1. いつものスキンケアの仕上げに500円玉くらいの量を手に取ります。
  2. 顔の中心から外側に向け全体的に伸ばしていきます。
  3. 優しく馴染ませるように塗布しハンドプレスします。

とても簡単なので、あっという間に終わります。

普段、美容クリームを使っているのならそれと入れ替えるだけなので、いつもの美容クリームは使わなくて大丈夫。

効果的な使い方

ビハクシアの効果をより感じやすくするには、顔全体に塗った後の重ね付けをすることです。

重ね付けする箇所は、

  • 目もと
  • 口もと
  • 頬や首
  • 手の甲

のように年齢サイン※が現れやすい箇所です。
※乾燥などによる小じわ

使い方の注意点

特に注意点らしい注意点は無いのですが、力を入れて塗ると摩擦が生じ、お肌に良くないので、優しくなじませるように使ってください。

また、ビハクシアは敏感肌の方でも使えるように設計されていて、

  • 無香料
  • 紫外線吸収剤フリー
  • 動物性原料フリー
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー

と、5つの無添加です。

さらにアレルギーテストも実施済みです。

とは言え、全ての人にアレルギーが起こらないというものではありません。

また、人の肌の状態は十人十色。特に人より敏感に感じる方は、念のため使い始める前にパッチテストをしてください。

また万が一、お肌に合わない場合は使用を控えてください。

ビハクシアを実際に使ってみた

ビハクシアは、よくある《ダブルの有効成分》を超えた《トリブル有効成分》配合です。

  • ハイドロキノン誘導体
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸2K

美白※に期待できる有効成分の中から厳選し、かつ黄金比で配合されている薬用美白クリームです。
※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

と、魅力的なトリブル有効成分配合に魅せられて、私も実際に使ってみました!

ビハクシア

1ヶ月も入っているのに意外と小さい容器です。

というのも、使ってみたら分かりましたが、手に取った感覚はコックリとしたテクスチャ

ビハクシアは白いクリーム

でも、実際に顔に付けてみるとするするっとよく伸びます。

ビハクシアは硬いテクスチャ

このように逆さまにしても落ちないくらいの硬めのテクスチャなのに、よく伸びるので少量でも大丈夫です。

と言っても、

私は目もと口もと、おでこと首筋に集中して使いたいこともあり、もったいながって顔全体には塗ってないです。

貧乏性…笑

塗った後もベタつくという感じではなく、なんというか手が吸い付くような感じ?

しっとり仕上がります。

匂いは特になく、手に乗せたビハクシアを鼻に近づけてくんくんしても特に匂いを感じません。

私は結構、鼻が利くほうなので(笑)、これならたいていの方は匂いを気にせずに使えると思います。

ビハクシアはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果が期待できます。

夏の日差しをたっぷり浴びた後のケアとしてこれからの秋にも早めに対策をしたいです。

乾燥による小じわ対策にも良いので、目もとや口もと、さらに首などに重点的に使いたいと思います。

 さっそくビハクシアを使ってみる

ビハクシアの成分

ビハクシアはよくあるダブル有効成分を超え、トリプル有効成分!

ビハクシアのトリプル有効成分

ハイドロキノン誘導体

ハイドロキノン誘導体は、ハイドロキノンと比較すると安定性の高い成分で別名《アルブチン》とも呼ばれています。

メラニンの黒色化進行を抑え、これから皮膚の表面にあらわれてくるシミの予防にも役立つことが期待出来ます。

ピタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑え、シミの予防をサポートします。

お肌の角質層までビタミンCを浸透させられるので、肌の奥(角質層)からケアしていくことが期待出来ます。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸とは、甘草(かんぞう)の根に含まれている成分です。

繰り返しニキビ対策としても人気の成分です。

お肌を正常ですこやかな状態に導くことが期待出来ます。

全成分

ビハクシアの上記有効成分以外の成分をご紹介します。

オウバクエキス、ノニ果汁、大豆エキス、ライム果汁、ローズマリーエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、オレンジ果汁、黒砂糖エキス、ヒメフウロエキス、メリッサエキス、レモン果汁、オウゴンエキス、レモングラス抽出液、イザヨイバラエキス、パイナップルセラミド、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、ビルベリー葉エキス、水添大豆リン脂質、シュガースクワラン、エチルヘキサン酸セチル、1,3‐プロパンジオール、ベヘニルアルコール、濃グリセリン、BG、SEステアリン酸グリセリル、1,2‐ペンタンジオール、アラキルグルコシド・アラキルアルコール・ベヘニルアルコール、ステアリン酸ポリグリセリル、POE硬化ヒマシ油、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、メドウフォーム油、ジメチコン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、キサンタンガム、エタノール、天然ビタミンE、ピロ亜硫酸Na、水酸化Na、無水クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、精製水

 

ビハクシアの公式サイトには、

初回は、かなり割引された価格で購入できる定期購入が用意されています。

初回時には、プレゼントもありますよ♪

ビハクシアの驚きの定期購入の価格や、更に詳しい通販情報は、こちらから移動できる公式サイトでじっくりご確認できます♪

 VIHAXIA(ビハクシア)美白薬用クリーム

タイトルとURLをコピーしました