「PR」本ページはプロモーションが含まれています。

リノクルファンデーションの使い方と注意点!期待できる効果も紹介

リノクルファンデーション スキンケア

この記事で分かること

  • リノクルファンデーション使い方
  • リノクルファンデーションに期待できる効果

以前、リノクル・リンクルシワ改善ファンデーションの通販情報の記事を書きました。

⇒ リノクルの解約は簡単?購入前に確認すべき購入回数や解約期限、返品ついて徹底解説

今回は使い方や口コミについてご紹介します。

リノクルファンデーションの使い方は、洗顔し化粧水等でお肌を整えた後に、小さな真珠ほどの量を取り出し、顔に5点置きしてから優しく顔全体に馴染ませるという方法です。

この後、さらに詳しく解説します。

 シワ改善×美白が同時に叶う【リンクルケアファンデーション】 LINOKLE(リノクル)

リノクルファンデーションの使い方

改めてリノクルファンデーションの使い方について解説します。

使うタイミングは、スキンケアの後です。

  1. 真珠くらいの大きさの量(約1センチ)を手の甲に取ります。
    手が汚れていると雑菌も一緒に肌に塗ることになり、肌トラブルにつながるので必ず手を洗って清潔な状態で使います。
  2. 顔に5点置きします。
    おでこ、両ほほ、鼻、アゴと顔の5箇所にファンデを乗せます。
  3. 指の腹、またはスポンジを使い馴染ませす。
    色ムラにならないよう、軽くトントンと叩き込むようにして馴染ませていきます。
  4. 気になる箇所には重ね付けします。
    目元や口元など気になる部分には、それぞれ米粒1粒ほどの量を重ね付けします。

指の腹で馴染ませる場合は力を入れすぎないよう、薬指を使うとやりやすいです。

また、初回お届け時に専用のスポンジがプレゼントで付いてくるので、それを使うと更に塗りやすく、重ね付けする時もスポンジの角が活躍します。
※専用スポンジのプレゼントは無くなり次第終了

重ね付けすることで、コンシーラーの代わりにもなります。

首やデコルテのケアにも使える

リノクルファンデーションは顔以外も使えます。

そのため、年齢が出やすい首周りやデコルテなどに塗るのも人気の使い方です。

使い方で仕上がりも変わる

リノクルファンデーションは、使い方(塗り方)によって仕上がりが違ってくるのでお好み、またはその日の気分でも変化を楽しめます。

リノクルファンデーションは9つの機能でスキンケア効果

リノクルファンデーションには化粧下地の機能もあります。

化粧下地だけでなく、リノクル1本でこのように9つの機能を兼ね備えています。

リノクルはオールインワン

使い方自体は、化粧下地が要らないということ以外は、ほぼ一般的なファンデーションと同じ使い方で大丈夫です。

化粧下地の機能もあるので別に用意する必要はなく、洗顔してスキンケアで保湿をしたあと、直接付けていくことで美容効果が期待できます。

仕上げのパウダーは特に必要ありません。

ただ、ツヤを抑えたい時にはお好みでリノクルの上につけてください。

また、コンシーラーの役割も併せ持っているので、シミとかくすみ等、気になってる部分には更に軽く抑えるように指で重ね付けしていくと安心です。

カバー力については、メイクアップ効果で軽く重ね付けするだけで厚塗り感を出さずにカバー、保湿が期待でき、化粧崩れもしにくいと口コミでも評価されています。

敏感肌の方でも、基本的には気軽に使えるように開発されています。

刺激試験もクリアしています。

ただ、人の肌の状態はそれぞれ違うのでお肌が弱いとか乾燥しがちな方など、念の為にパッチテストしてから使うことをお勧めします。

カラーは1種類だけど大丈夫な理由

リノクルファンデーションのカラーは1種類のみ。

でもファンデーションの色味は、多くの日本人によく馴染む自然な色なので気軽に使えます。

リノクルの色

カバー力をキープしながらも、よく伸びるように作られているのでメイクのよれや化粧浮きを防ぎやすくなっています。

リノクルは、シワ改善と美白(メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐ)が同時に叶う医薬部外品のファンデーションです。

かなりの注文数に供給が追いつかない状態で、現在予約販売という注文方法になっています。これから紫外線も強くなる季節に突入なので早めにケアをスタートしたい人は、早めに予約しておくと安心ですね。

こちらからリノクルの公式サイトに移動できます。
 シワ改善×美白が同時に叶う【リンクルケアファンデーション】 LINOKLE(リノクル)

テキストのコピーはできません。