キヤク美容液の使い方|使う順番は?他のコスメと併用してもOK?

キヤク美容液の使い方 スキンケア

キヤク美容液の使い方を調べ、実際に使ってみました。

キヤクは3種類の美容液で1セットです。このセットでの使い方(ライン使い)ならこれだけでスキンケアは完了します。

使う順番は、キ ⇒ ヤ ⇒ ク と、名前の通りに使っていくだけ。

  • 「キ」は浸透保持
  • 導入美容液としての使い方をします。

  • 「ヤ」は潤す
  • 保湿美容液として化粧水や美容液のような使い方をします。

  • 「ク」は守る
  • バリア美容液として乳液やクリームのような使い方をします。

このため、順番に使うだけで良いのであれこれ用意する必要もなく、時短にもなります。

また、キ・ヤ・クのどれかだけ単品で使って、他は手持ちの基礎化粧品を使うという使い方も出来ます。

この後、キヤク美容液の使い方についてさらに詳しくご紹介します。

私も実際に使ってみたのでレビューもご紹介!ぜひ参考になさってください。

実は今、公式サイトでは緊急企画でこれら3種類のキヤク美容液をセットにして期間限定で50%オフで販売中です。

驚きの価格は、こちらから移動できる公式サイトでご確認ください♪

  バイオケミカル美容液の「キヤク」
 

キヤク美容液の使い方

キヤク美容液それぞれの使い方を詳しくご紹介します。

使う順番は、キ ⇒ ヤ ⇒ ク

使用量の目安は、それぞれ1回につき1プッシュから2プッシュです。

使用頻度は、毎日朝晩の1日2回程度です。この使用量で、1本はだいたい1ヶ月から1ヶ月半使える量になっています。

キヤクのキの使い方

まずは、キヤクのキ。キヤク美容液シリーズの最初に使います。

キヤク美容液のキ

キヤクのキは、冒頭でもご紹介したように導入美容液です。

キの使い方は、

  1. 洗顔をします。
  2. キヤク美容液「キ」のボトルを軽く振って手の平に1プッシュ分出します。
  3. 顔全体に伸ばし、手の平全体を使いハンドプレスして馴染ませます。

また、単品での使い方の場合、キヤク美容液のキは化粧水の前後どちらに使っても大丈夫です。

導入を目的とする使い方なら化粧水の前に、保湿を目的とする使い方なら化粧水の後に使ってください。

キヤクのヤの使い方

次は保湿美容液のキヤクのヤです。

キヤク美容液のヤ

ヤの使い方は、

  1. 美容液「キ」または導入美容液や化粧水を使った後に使用します。
  2. キヤク美容液「ヤ」のボトルを軽く振ってから手の平に1プッシュ出します。
  3. 顔全体に伸ばし手の平全体で優しくハンドプレスをします。

こちらもキ・ヤ・クのライン使いではなく単品でも使えます。

単品での使い方は、化粧水の後に使ってください。

キヤクのクの使い方

最後は、保護美容液のキヤクのクです。

キヤク美容液のク

クの使い方は、

  1. キ・ヤ、または各種美容液や化粧水の後に使います。
  2. キヤク美容液「ク」のボトルを軽く振ってから手の平に1プッシュ分出します。
  3. 両手の平を合わせて、軽く温めるようにした後、乾燥しやすい場所から伸ばしてなじませていきます。

キヤク美容液のクを単品での使い方は、スキンケアの最後に使ってください。

ただし、ナイトパックの効果があるコスメと併用する場合には、ナイトパックの前に使ってください。

キヤク美容液を実際に使ってみました

メーカー様からサンプルがいただけたので、私もキヤク美容液を使ってみました。

キヤク美容液

このボトル、横から見るとキ・ヤ・クをデザインしていることが分かります。

最初、ヤに気が付きそれぞれのボトルを改めて見てみたらカタカナのキ・ヤ・クと読めます♪

キが一番分かりにくい感じですが、デザインとして見ると洒落た感じがします。

キヤクのキ

こちらはキを手の平に出したところです。

透明でとろっとした美容液です。特にニオイはありません。

そのため、ニオイに敏感な方でも安心して気にせず使えそうですよ♪

私は結構鼻の感度は高い方ですが、手の平を鼻にかぶせてニオイをかいでみましたがほとんど気になりませんでした。

キヤクのヤ

こちらはヤを手の平に出したところです。

こちらもキと同じく、とろっとしている透明な美容液です。同じくニオイはありません。

あ、少しだけキよりニオイがあるかな?という程度で、やはり気になるレベルではありません。

キヤクのク

こちらはクを手の平に出したところです。

クだけ、乳白色で見た目もテクスチャも乳液という感じです。

キ・ヤ・クの3種類、全部に言えることですが、とても伸びが良いです。

1プッシュだけで顔全体。そして首元、あと年齢が出やすいので気になる手の甲にも伸ばしたくらいです。

そして使い終わった後は、しっかりと角質層まで浸透してくれてるらしく、保湿感があります。

これから猛暑がやってくると長い時間エアコンを使うことになり、肌が乾燥しやすくなるのでしっかり乾燥から守ってくれそうで期待度大です♪

キヤク美容液のよくある質問

キヤク美容液は、「ナチュラル」ではなく「ケミカル」という開発理念で作られました。

最近は、オーガニックコスメが人気ですが、逆をいくかのようなケミカル。刺激はないのか気になります。

ケミカルは肌に刺激がある?

公式サイトによると、ケミカルであることが肌への刺激に直結することは無いそうです。

もちろん、人のお肌の状態は十人十色で同じ敏感肌で人によってその感じ方も違います。

そのため、ナチュラルなのかケミカルなのかに関わらず、お肌との相性もあるので初めて使う場合にはパッチテストをしてから利用してください。

キヤク美容液の成分は?

化粧品にアレルギーがある方は、こちらの全成分表をご確認の上、利用してください。

【キ】の成分
水、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、PPG-9ジグリセリル、ポリ(1,2-ブタンジオール)-4PEG/PPG-29/9メチルグルコース、PPG-13デシルテトラデセス-24、フェノキシエタノール、水添レシチン、カルボマー、グルコシルヘスペリジン、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、フィトステロールズ、水酸化K、ポリクオタニウム-51、セラミドNG、セラミドAPlセラミドAG、セラミドNP、α-グルカン、グルコシルセラミド、スフィンゴモナス培養エキス、トコフェロール、セラミドEOP
【ヤ】の成分
水、BG、グリセリン、ソルビトール、ベタイン、フェノキシエタノール、安息香酸Na、カルボマー、キサンタンガム、オキシベンゾン-4、水酸化K、サガラメエキス、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、アセチルデカペプチド-3、オリゴペプチド-24、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、加水分解コラーゲン、1,2-ヘキサンジオール、PCA-Na、乳酸Na、PCA、セリン、アラニン、グリシン、ユズ種子エキス、グルタミン酸、リシンHCl、トレオニン
【ク】の成分
水、BG、グリセリン、スクワラン、ペンチレングリコール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ポリソルベート6、イノシトール、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、馬油、ステアロイルラクチレートNa、トコフェロー、マロン、ジエチルヘキシルシリンギリデン、クエン酸Na、キトサンイソステアラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na、クエン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、プセウドジマエピコラ/アルガニアスピノサ核油発酵液、プセウドジマエピコラ/オリーブ果実油発酵液、プセウドジマエピコラ/チャ種子油発酵エキス液、イソステアリン酸ソルビタン(※イソステアリン酸ソルビタンはキャリーオーバー)

キヤク美容液それぞれの役割についての詳細はイラスト付きで公式サイトに掲載されているのでこちらからじっくりご確認出来ます。

キヤク美容液

現在、期間限定で3種類1セットが50%オフで購入できる特別企画実施中です。
※定期購入ではないので、気軽にお試し出来ます。

公式サイトにはこちらから移動できます。

  バイオケミカル美容液の「キヤク」
 

タイトルとURLをコピーしました