デンターキンデルを使ってみた感想!使い方や味などもご紹介

デンターキンデルを使ってみた 健康関連

デンターキンデル(Dt.kindel)を使ってみたのでレビューします!

 
実は(特に冬場に多いのですが)朝起きた時に、口の中がネバネバした感じになりやすいのが悩みのタネでした。

口の中の雑菌が増殖!?

寝る前にしっかり歯磨きしたはずなのに…。しかも一応市販ですが、口腔洗浄剤(デンタルリンス)も使っているのに…です。

こういうのって口臭の原因になりますよね。

しかも、マスクをつけるとその口臭が直撃してきます。以前と違い、最近はマスク生活だから自分の口臭にも気が付きやすいのでずっと気になります。

そこで、色々ネットで探していて見つけたのが、デンターキンデルです。

デンターキンデルは、
口臭の原因菌と菌のエサとなるタンパク質汚れをダブル除去してくれる医薬部外品

この後、デンターキンデルを使ってみた感想をお伝えしますが、先に公式サイトをご確認されたい方は、こちらからご覧になれます!

  デンターキンデル(Dt.kindel)の公式サイトへの移動はこちらをクリック!
 

デンターキンデルを使ってみた感想

デンターキンデルは、1回分ずつの量が入ったアルミパウチの個別包装です。

1回ごとに計量する必要も無いし、衛生的に使えます。

配送途中で、万が一押しつぶされてアルミパウチが破れたりすることが無いよう、このようにガシッとしたダンボールに入って配送されます。

デンターキンデルの箱

デンターキンデルの小冊子も入っていました。

オーラルケアの小冊子

まず最初に、日本で主流となっている1日3回・食後すぐの歯磨き習慣!

実はこれって世界の非常識と小冊子に書かれていてちょっとショックを受けました。

食後すぐって、食べたモノと唾液の流れで最近の数が最も少ないタイミングなんだそうです。

なので焦って歯磨きする必要は無いどころか、食後すぐに歯ブラシを使って歯磨きすると歯のエナメル質を削って粘膜を傷めてしまう危険があるそうです。

※歯磨き粉には研磨剤や界面活性剤などが入っているため

知れば納得!

実は、歯磨きは朝起きた時夜寝る前の1日2回が正解!

でも長年の習慣になっているので、慣れるまでは食後すぐに歯磨きしないと気持ち悪く感じてしまうかも…。汗

歯ブラシを使って市販の歯磨き粉で磨くのが歯に良くないのなら、ここはマウスウォッシュの出番ですね。

デンターキンデルの効果効能

デンターキンデルは医薬部外品なので口臭の防止とか歯周炎(歯槽膿漏)の予防などの効果効能が、このように謳えます。

ジッパー式の袋で更に衛生的

デンターキンデルは個別包装なだけでなくこのように入ってる袋はジッパー式!

湿気がこもりがちな洗面所に保管しておく時も安心です♪

グラスにデンターキンデルを入れて色を確認

グラスに入れてみました。床が茶色で見にくいので袋の上で写真を撮ったのですが、まだ見にくいですね…。

デンターキンデルの色

公式サイトからちょっと画像をお借りしました。このように薄い茶色です。

右側が使用前、左側が口の中ですすいだ後の画像になります。

私も一応すすいだ後の写真を撮りましたが、すすいですぐに出した画像は細かい泡が残ったままで、ちょっと見苦しいので掲載するのは取りやめました。

実際にデンターキンデルを使ったら、この公式サイトにあるような濃い茶色のものが出てきました。

歯磨きして、デンタルリンスですすいだ後にデンターキンデルを使ったのですが、それでもこの写真と同じように出たのでびっくりしました!

この濃い茶色の物体は、歯磨きや一般的なデンタルリンス(マウスウォッシュ)では取り除けない口の中に残っているタンパク質汚れです。

口の中にいる細菌が、このタンパク質汚れを分解する時にガスを発生させます。そしてそのガスが口臭の原因になります。

使ってみての感想

デンターキンデルの袋は手で千切れるし、使う状況によっては(外出先とか)コップなど使えない時もありますよね。

そういう時は、直接口に含むことも出来ますよ♪

口に含んで15~20秒クチュクチュしてから吐き出すだけなので外出中でもトイレなどで利用できますね。

また味とかニオイも全く気にならずに利用できます。※ソフトミント味

刺激は少ないので、ピリピリするのが苦手な人でも安心して使えると思います。

ただ、今まで市販のデンタルリンスを使っている身としてはこれを朝と夜の2回使うのはちょっとコスパが悪いので…もともと1ヶ月分として30袋入りだし、私の場合は一番ケアしたい夜寝る前にデンターキンデルを使うことを基本として、

朝起きた時や、食後は普段使っている市販のデンタルリンスにしようかな~と考えています。

食後時間が経って、今ひとつスッキリしない時に歯磨き粉をつけた歯ブラシでのブラッシングをするつもりです。

ちなみに、植物由来成分で作られているので、万が一飲み込んでも特に害があるわけでは無いというのも、安心材料です。

あ、コスパが悪いと書いちゃいましたが、価格が市販品に比べて高いという点での評価なだけで、実際に使ってみて口臭予防については、持続性もあるので総合的にはコスパが良いです。

実際に、あくまでも私の場合ですが

いつもデンタルリンスですすいでから寝ても翌朝起きた時は口の中がネバネバしがちだったのに、デンターキンデルですすいで、軽くブラッシングしてから寝たら、朝起きた時、口の中が粘ついていないので効果を感じました♪

  早速、粘つき対策をしたいならコチラをクリック!

デンターキンデルの使い方

デンターキンデルの使い方は簡単です。

1回分ずつ個別包装担っているので毎回計量する必要も無いし、衛生的に使えます。

使い方は、デンターキンデルの1回分を口に含み、15秒間ゆすいでから吐き出すだけです。

ゆすいだ後、ブラッシングすると効果的です。

口に含む時、パッケージから直接口に含むこともできますが、可能ならコッブなどに移してから口に含むとこぼしたりせず安心して使えます。

万が一飲み込んでしまったら?

さきほどレビューのところでも書きましたが、デンターキンデルは植物由来の成分を使用しているので、万が一飲み込んでも特に害があるものではないです。

ただし、万が一体調が悪くなった場合には医師の診断を受けてください。

もちろん、飲み込まないように注意してくださいね。

使うタイミング

結論からお伝えすると、デンターキンデルを1日1回使うのならお勧めの使うタイミングは夜!

夜寝る前です。

以前、歯医者さんの定期検診の時に歯科衛生士求人さんから言われたのが、

歯磨きは3度の食事ごとにきちんとやってほしい。

でも、忙しくてきちんと出来ない時は、せめて夜寝る前だけでも時間をかけてしっかり磨いてね。

ということでした。

というのも、歯磨きでは落としきれなかった食べかすがお口の中に残っているからです。

この食べかすをお口の中に常在しているバクテリアが分解するのですが、その時発生させるガスがお口のニオイの原因のひとつだそうです。

そして、このバクテリアが一番活発に動くのが夜寝ている時!

しっかり歯磨きしてから寝たはずなのに、朝起きたらお口の中がネバネバしているってことありませんか?

私はしょっちゅうです。汗

やはり、夜歯磨きして最後にデンターキンデルを使って一日の総仕上げをしてから眠りにつくことをお勧めします。

嘘とか効果なしとならないために注意すること

「デンターキンデルは嘘!」とか「効果なし」という勘違いをしないために

  • 毎日継続して使う
  • 使うタイミングを夜寝る前にする

お口の中の衛生は、日々の飲食によって変化します。

そのため、「気が向いた時にだけ使うとか、お口の臭いが気になるのに人と会う約束をしているのでその直前に使う」というような使い方では、本当の意味の良い変化は感じにくいです。

食事は毎日するものですから、「デンターキンデルの使い方も毎日!」というのが正しい使い方です。

また、デンターキンデルは1回分ずつのアルミパウチでの分包になっています。

衛生的に最後まで使い続けられるし、外食とか旅行の時にも持ち歩けるので便利です。

ただ、1日に1包使うのなら、日中ではなく先程お伝えしたように、夜寝る前の使い方をおすすめします。

デンターキンデルは市販されている?販売店情報

デンターキンデルはどこで売ってるのでしょうか。

市販されているのか販売店を調べてみたのですが、そもそもデンターキンデルは市販されていないことが分かりました。

そのため、マツキヨなどのドラッグストア・薬局や、ブラザやドンキのようなバラエティショップなどの実店舗に販売店はありません。

類似品も多いので、街の店舗で見かけた時は、しっかりとパッケージを確認してくださいね。

楽天やamazonにある?

デンターキンデルは市販されていないのなら、通販限定の商品ということになります。

それで通販大手の楽天やamazon・ヤフーショッピングなどで調べてみました。

その結果、amazonには取扱いはありませんでしたが、楽天とヤフーショッピングにはありました。

ちなみに、デンターキンデルの単品購入の通常価格(30包入り1箱)は、7,128円(税込)ですが、楽天やヤフーショッピングではいくらで販売されているのでしょうか。

それぞれの販売価格は取扱いショップによっても違いますが、、

  • 楽天市場
  •  4,960円~6,580円(税込)

  • ヤフーショッピング
  •  4,899円~7,020円(税込)

でした。※2022年2月7日現在の価格

ということは通常価格よりも安く購入できるということですね。

それでは、次にデンターキンデルの公式サイトを確認してみます。

デンターキンデルは公式サイトの定期が利用しやすい

デンターキンデルの公式サイトには、単品購入も用意されていますが、それよりもグンと割引された金額で購入できる定期コースが用意されていました!

単品購入だと、さっきもお伝えしたように7,128円(税込)ですが、定期コースだと初回限定価格は、なんと約85%も割引されるんです!

2回目以降も、約35%オフですよ~!

ここで、定期コースの特徴をご紹介しますね。

  • 初回限定価格 980円(税込なら1,078円)
  • 2回目以降は60日分ずつをまとめて配送
  • 2回目以降の価格は60日分で9,196円(税込)
  • 初回価格での購入は【一世帯1つまで】

初回は送料無料です。

2回目からは送料は別途必要で600円(税込)です。

2回目以降は60日分ずつの配送なので、30日分に換算すると、4,598円(税込)なので楽天やヤフーショッピングの最安値ショップよりも安いですね♪

定期コースの場合、解約条件は?

さて、これだけ安く購入できる定期コースともなると、解約条件はどうなっているのでしょうか。

定期のしばりがあるか調べたら、これだけの価格での提供なのに定期のしばりが無いことが分かりました!

もちろん、デンターキンデルの使い方のところでもご紹介したように日々の食事によってお口の中は常に対策が必要です。

そのためにもすぐに止めてしまってはまた元通りになってしまいもったいないです。

是非長く続けたいです。

とは言っても、自分のペースで定期コースを利用でき自分の好きなタイミングでデンターキンデルの解約が出来るのは精神的にも楽ちんですね♪

解約手続きには締め切り日があります

デンターキンデルの解約は何回目でも手続きが出来ます。

でも、毎回配送ごとに準備期間が必要です。そのため、解約手続きをする締め切り日があるので注意してください。

デンターキンデルの解約締め切り日は、次回発送予定日の7日前です。

7日を切ると自動で発送準備に入るため、解約手続きを取ることができません。次々回からの解約になります。

また解約手続きは、電話1本でOK!その場で手続きが完了するので手間なしですね。

次回発送予定日や解約のための電話番号は、デンターキンデルお届け時に同梱されている納品書に書かれているので捨てずに保管しておくと安心です。

転売は禁止です

最近、増えている転売ヤー。

デンターキンデルのように初回が激安で、かつ定期のしばりがなく何回目でも解約ができるところは転売ヤーに狙われやすいです。

そのため、定期の縛りがなくても1回のみで解約する場合には通常価格との差額が生じるというパターンも増えています。

でも、デンターキンデルの定期の解約の場合、初回のみでの解約でも特に差額は生じません。

利用者としてもありがたいです。

その代わり、【転売が発覚した場合には損害賠償の請求が発生する】ということで転売対策をしています。

もちろん、転売することなく普通にご自分で使っていて解約する場合は関係ない話ですからご安心を♪

使用後でも受けられる全額返金保証

もしもデンターキンデルの解約理由が「体に合わなかった」とかいうことなら、解約手続きではなく、返金保証を受けられます。

しかも使用後でも開封後でも受け付けてくれます。

ただし、初回分のみです。

返金保証を受ける場合は、初回商品発送後、7日以内に電話連絡をして手続き方法を確認してください。

手続き可能の期限があるので、届いたら後回しにせず、早めに使って自分に合うか合わないかの確認をしましょう。

また、電話をかけずに一方的に返送しても受け付けられないので注意してくださいね。

手続きの時に商品パッケージや納品書、返金保証申請シートを返送する必要があります。

※電話連絡するとオペレーターさんから返送するものや返送先を教えてもらえるのでペンと紙を用意して電話すると安心です。

デンターキンデルの通販情報は、こちらから移動できる公式サイトで詳しく読むことが出来ます。

  Dt.kindel(デンターキンデル)公式サイトへの移動はこちらをクリック!
 

タイトルとURLをコピーしました