男性から頻繁にLINEが送られてくると、多少なり相手のことを意識してしまいます。
「もしかすると私に気があるのかも?」と期待する気持ちが芽生えることだってあるでしょう。

しかし、男性とのLINEで重要なのは頻度ではなく内容。

メッセージの内容を見ることで、初めて自分が「キープ女」なのか「本命女」なのかを知ることができるのです。

「キープ女」と「本命女」に送るLINEの違いとは?

【キープ女】スタンプのみを送る

遊び相手でしかないキープ女とは、必要以上に連絡を取りたくない。
これが多くの男性が抱く本音です。

とはいえ、放置ばかりしていては、女性の気持ちが自分から離れてしまう可能性もあります。

そこで定期的にスタンプのみを送り、女性に対して気のある素振りを見せてくるのです。

男性からスタンプだけが送られてきたときは要注意!
間違っても「どうしたの?」と食い気味に返信しないようにしましょう。
即レスで返しても、男性の思う壺となるだけですよ。

【キープ女】ハートマークを多く使う

男性から「おはよう♡」「久しぶり♡」など、いたるところにハートマークが散りばめられたLINEが届くと、一見、好意を持たれているようにも感じます。

しかし、実はこれもキープ女だからこそ送れるメッセージなのです。

そもそも、男性にとってキープ女は失っても痛くない存在。
たとえ嫌われても代わりが利く存在なので、軽いノリで口説くことができます。

ハートマークを多用するのは、そんな男性心理の表れ。
やりとりの中でハートマークをよく使う男性がいたら、女性を口説くことが得意な遊び人だと思いましょう。

【キープ女】一言だけのそっけない内容

相手が本命女性であれば、男性も返信をしやすい内容を考えてメッセージを送ります。
しかし、キープ女に対してはそのような気遣いなどしません。

特に「今度遊ぼうよ」「何してるの?」と一言だけのそっけないメッセージは、どうでも良い相手だからこそ送れる内容。

そこには、「とりあえずキープしておきたい」という男性の本音が隠されているのです。

内容のない一言LINEがよく送られてくるようであれば、自分がキープ女になっている事実を疑いましょう。

【本命女】むだに長文のメッセージ

本命女性に送るLINEでは、男性も気を使います。

嫌われないための工夫をしたり、相手を思いやる一面を見せたりするうちに、ついついメッセージが長くなってしまうこともあるのです。

男性から送られる長文LINEは、異性として意識されている証。
「好意を持ってもらいたい」という思いが文章となって表れているのです。

もし、長文のメッセージの中に自分を気遣う一面が見えたら、間違いなく本命であることを確信しても良いでしょう。

【本命女】返信のスピードが早い

届いたメッセージは確認するものの、すぐには返信しない男性も多くいます。
内容に重要性を感じなければ、返信を忘れてしまうことだってあるでしょう。

しかし、それが本命女性となると話は変わってきます。
やりとり自体が楽しいため、内容など関係なく、すぐに返信することができるのです。

返信の早さは、相手の女性に対する気持ちの大きさと比較します。
本命の女性だからこそ、優先順位も高くなるのです。

【本命女】絵文字を多く使う

かわいい文章を意識する女性と違い、男性は内容重視でLINEを使います。
「用件さえ伝われば良い」という考えの男性にとって、絵文字を使うことは面倒くさい作業でしかないのです。

そんな男性がLINEで絵文字を使うということは、相手を意識している証拠。
絵文字を使うことで、自分の感情をより詳しく伝えようとしているのです。

手間や時間をかけてでも絵文字を使う。
そこには、本命女性に対して「良い印象を残したい」という男性の気持ちが隠されていたのです。

LINEでは見極める目を持とう♡

男性とのLINEで注目すべき点はメッセージの内容。

彼らはキープ女に対して、露骨に気のある素振りを見せてきます。
しかし、それが本命女性となると、遠まわしのアプローチしかできなくなってしまうのです。

下心を持つ男性に騙されないよう、「キープ女」と「本命女」を見極める目を持ちましょう。

それが本当に自分を大切にしてくれる男性を見つけることにもつながるはずです。

チェックしておきたいTRILLの恋愛記事はこちら!

口に出さなくても気づいて!実は男性が彼女に求めている5つのこと

恋人にするなら、どこまでならOK?大人のギリギリボーダーライン!

聞き手にまわりすぎてもダメ?初デートで恋愛対象外に認定される行動