風水では、一番運気に影響があるのは「湿気」といわれています。
この湿気を放置していると、運気が停滞し邪気が集まってくるそうです。
例えばお家で特に気をつけておきたい場所は運が出入りする「玄関」ですが、普段の生活ではどんなことに気をつけておけば良いのでしょう。

今日は風水鑑定士の福岡和昭さんに、梅雨時期にやっておきたい習慣を、4つ教えて頂きました。

Q1、梅雨時期、快適に過ごすには?

A、梅雨の季節は気温以上に、湿度に気を使って過ごしましょう!

ジメジメとするこの時期はどうしても湿度が高くなりがちです。
これをそのまま放置しておくと、体がついて行きません。
不調が出るのは体だけでなく、心の病(ストレス)も誘発します。
湿気を放っておくと心と体だけでなく、身の回りのモノにも影響を及ぼしてしまうのです。

そのためには湿度を常に40~60%にしておくことが大切です。
洗濯物も部屋干しになることが多いですよね。
イヤな臭いをこもらせないような工夫と除湿、換気もお忘れなく。

Q2、ムシムシ、体がベタベタします!

A、汗をかいたら、シャワーを浴びるということを意識して過ごしてください。 

いつもより多くの汗をかいたら、早めにシャワーを浴びましょう。
寝起きや散歩、ジョギングの後などはタオルや汗拭きシートなどでふき取るだけでなく、しっかりとシャワーを浴びて汗を流すことです。
帰宅時に浴びるのも効果的。
お風呂から上がったら、コップ一杯のお水摂取をすることも大切です。

Q3、外出時に気をつけることは?

A、日傘兼用の折りたたみ傘を持って出かけましょう。

この時期は、天気予報で「今日は晴れ」と予報されていても、思わぬ天候変化で雨や豪雨が降ります。
傘さえ持参してれば、服が濡れたり、思わぬ出費も防げますよね。
外出時に持って出かけたいのは、日傘兼用でしっかりしたものです。
色や柄は好みのものでOK。
いつでもバッグに入れておけるコンパクトなものがいいですね。

最近の折りたたみ傘は機能性もデザインも良くものが多いので、少ししっかりしたものを選びましょう。

Q4、家の中の過ごし方は? 何をしたらいい?

A、まずは部屋の掃除や模様替えをしてみてください。

気持ちも沈みがちになる梅雨の時期は、ちょっとの晴れ間を見つけて、思い切って部屋の模様替えがおすすめです。
春先は何かとバタバタします。
もし冬物がまだ出ているようなら、この時に一気に整理してしまいましょう。

インテリアを新しく新調するときは、思い切った色合いのものを選んでみてください。
たとえば、紫陽花のような紫や濃いグリーンなどの花や置物。
ただし、造花・ドライフラワー・ブリザードフラワーなどは、作り物の花なので運気を下げてしまいます。
花であれば生き生きとした生花がオススメ。
家に花が一つでもあれば、心も穏やかになりますよ。

また、不要物の整理は大いなる気分転換とともに、リフレッシュできます。
長い間使っていなかったもの「いつか使える」と思っても、迷わず即座に捨ててください。

湿気は換気程度でいいかな…分かってはいるけれど部屋の片付けが面倒だな…だと、行動までドンヨリしがちなこの時期。

部屋の模様替えや不要物の処理など、後回しにしがちな掃除を今のうちに片付けておけば気分もいいですよね!
運気低迷を乗り越えてハッピーな夏を迎えましょう!

TRILL読者から人気の恋愛記事!

真夏が来る前にイメチェン!今年は「ショートボブ」で好感度アップ

常識メイクに警告!今すぐ改善するべき+5歳の老け顔メイク

不倫を止められない女性へ。新しい恋に向かいたい方の背中を押す4ヶ条