美容や健康食品として人気上昇中の「古代米」。
赤や黒、緑色のお米は白米とどんな違いがあるのでしょう。

気になる栄養素や味は?
今日は美容や健康、デトックス効果のある「古代米」についてご紹介します!

「古代米」ってなに?

名前だけ聞くと昔からあるお米のことかな、と勘違いしてしまいがちですが、古代米とは古いお米という意味ではないのです。

古代米とは、私たちの先祖が栽培していた「古代稲の品種」で特色を色濃く残した稲だと言われています。

今でもずっと栽培され続けている貴重なお米であり、現代では栽培される土地によって品種が異なり、ブランド米としても販売されています。

お米の色は品種問わず通常白っぽいものが多いですが、古代米は赤や黒、緑などの色をしているのが特徴です。
玄米に色や香りを持ったお米で、もち米やうるち米に近いものなど種類は様々。

古代米はモミがひとりでにこぼれやすく、稲の背丈があるので倒れやすいなどの要因から、品種改良の対象にならず、収穫できる米の量は半分以下。
そのためあまり知られていないのが現状なのです。

栄養はあるの?

赤や黒、緑などの奇抜な色をしていて、栄養は味はどうなの?と疑問に思われる方も少なくないのでは。

古代米には観賞用と食用があるようですが、食用の古代米にはきちんと栄養素が含まれていて、その栄養価が注目されているほどなのです。

また生命力がとても強いので、荒地で無肥料・無農薬でもしっかり育ち、干ばつや冷害などにも強いとお米と言われています。

赤米(あかまい)は、「美肌」

縄文時代に伝わった米で、赤飯の起源と考えられています。
白米に比べて、たんぱく質やビタミン・ミネラルが多く含まれており、米の赤色はタンニンという渋味の元で、ワインや茶葉にも含まれているポリフェノールの一種です。
よくブルーベリーなどにも含まれていますよね。

このタンニンは脂肪燃焼を促進してくれるため、抗アレルギーや抗炎症、メラニン色素を抑えてくれる効果があります。

黒米(くろまい)は、「健康」

黒米は、おはぎの起源といわれています。
中国戦国時代(漢)の時代に発見され、中国では昔から病人や妊婦の栄養食品として大事にされていたお米です。
精米すると紫色になるので、紫米や紫黒米ともいわれます。

白米に比べて、たんぱく質やビタミン、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれています。
また黒米の色素アントシアニンは、目の疲れや強い抗酸化作用、老化防止や血液サラサラ効果があると言われており、効果が期待出来ます。

緑米(みどりまい)は、「デトックス」

緑米は収穫量が極端に少なく、通常米の1/3程度なので本当に貴重なお米と言われています。

亜鉛やマグネシウム、繊維が豊富。
また緑色には小松菜やホウレン草、ニラなどの野菜と同じく「クロロフィル」が含まれています。

クロロフィルは、コレステロールの調整や貧血、精神安定、腸内環境を整えてくれる優秀成分。
腸内に効くのでニキビや吹き出物など、デトックス効果抜群のお米なのです。

古代米を美味しく食べる方法は?

雑穀米や五穀米と同じように、玄米や白米と一緒に混ぜて炊きます。
その際気をつけて頂きたいのは、炊飯器の長い時間の保温は避けること。

パラパラしているので、チャーハンなどにおすすめです。
雑炊やリゾットなどの相性も抜群です。
緑米のクロロフィルは生では体に吸収されないので、煮込み調理がおすすめですよ。

古代米は栽培数が少ないので、販売元も限られています。
百貨店や催事販売、通販でも買えますが、有機栽培で、生産者がはっきりしているところで手に入れましょうね。

読んでおきたいダイエット記事!

人気ヨガインストラクターに学ぶ!夏までにメリハリボディを手に入れる方法

リコピンでダイエット!?トマトの素晴らしすぎる栄養素の秘密

キレイなくびれのあるウエストに。おなか周りに効くダイエット法!