夏が近づいてきているとはいえ、突然雨が降りだしたり、雨の日ではなくても、何となく湿気が強かったり…。

外出前に一生懸命、セットしても風がぴゅ~っと吹けば、あっという間にグチャグチャ状態。

前髪もうねって、写真撮影しても可愛くなるどころか、ぱっくり割れている…。
雨の日でもサラサラっとかっこよく髪型をまとめたいですよね。

そこで今回は、雨の日でもヘアスタイルをキープするコツ2つをご紹介してまいります。

雨の日になると、どうしてうねるの?

外に出たときにすぐ感じるように雨の日は湿気が多くなります。

髪にはキューティクルといって表面に髪の健康を保つ働きがあるものが存在していますが、このキューティクルが何らかのダメージを受けていると、湿気を吸収しやすくなってしまうのです。

雨の日に髪がうねるのも、このキューティクルがそれだけ弱まっているということ。

髪が傷んでいるからこそ、雨が降っている日は水分を含み、髪の1本1本が膨張し、どんなにスプレーやワックスで整えても、最終的にはうねってしまいます。

雨が降っていても、髪型を保ちたいなら、やはり日頃のケアが重要に…。

髪は必ず乾かしてから寝る

夏に向けて暑くなってくると、どうしても髪が濡れたままで寝てしまいませんか?
でも実は、この行動がキューティクルを傷つける原因になっているかもしれないんです。

髪をダメージから守りたいなら、どんなに忙しくても、面倒くさくても必ず乾かしてから寝ること。

ただし、いきなりびしょびしょの状態にドライヤーを当てるのではなく、乾かす前にタオルドライをしましょう。

タオルドライをするときも、強くこすりすぎるとキューティクルを傷つける原因になるので要注意。
頭皮を優しくおさえながら、タオルで水分を吸収しましょう。

よく水分をとった後は、ドライヤーで頭皮から毛先にかけて乾かします。

最初から最後まで熱風で当て続けると、これまた髪を傷つける原因になるため、ある程度乾いてきた段階で冷風に切り替えましょう。
この方法は寝つきがよくなるともいわれていますよ。

正しくトリートメントを行う

髪の健康を守るには、正しい順番でトリートメントを行わなくてはいけません。

まずシャンプーで髪の汚れを落とした後はよく水気を切っておきます。
そして、髪の長さに合わせてトリートメントを適量とった後は、毛先から全体にかけてよくなじませましょう。

根元につけすぎると、皮脂の詰まりの元になるため、あくまでも毛先を中心にトリートメントをつけていきます。

毛先をよくもみこんで、トリートメントをなじませた後はタオルなどで軽く髪を巻き、トリートメントをつけた状態で5分ほど待ちます。
最後にお湯で洗い流せば、髪のダメージも少しはやわらいでいるでしょう。

あとは先ほど触れたようにドライヤーで完璧に乾かせばOK。

毎日のヘアケアが基本

雨の日の髪対策というと、どうしてもスプレーやワックスを使うイメージがありますが、そもそもヘアケアの基本ができていないのに、便利なアイテムでカバーしても意味がありません。

髪本来の元気を取り戻すためにも、今晩から時間をかけてヘアケアを行いましょう!

チェックしておきたいヘア関連の記事!

フォーマルにもカジュアルにも!全部くるりんぱでできる簡単ヘアアレンジ【解説付き】

3分でおしゃれヘアに!こなれて見せる大人の簡単セミロング・ロングヘアアレンジ

無造作ヘアのトレンドが再来!今どきスタイルを作る5つのポイント