毎日、女性だけが身に着ける“ブラジャー”。

ブラジャーを身に着ける上でのこだわりは、素材やデザイン性もそのひとつですが、機能性として優先したい目的もさまざまにありますよね。

ある人は“バストをしっかり支えたい”、またある人は“バストを大きく見せたい”…。
そんな目的意識がありながら、今現在使っているブラジャーはどうでしょうか。
叶えたい目的を果たしているでしょうか?

ボディコンサルタント中島絹代さんによると「多くの女性は、常識だと思っているブラジャーの選びかたが、間違ったブラジャー選びとは知らず、結果バストをつぶしてしまったり、バストを下垂させてしまっています」とのこと。

早速、実は大失敗!ダメブラジャーの選びかたを教えていただきました。

あるある、バストにフィットしたNGブラジャー

多くの女性がブラジャーを買うとき、最も選択してしまっているダメブラジャーは、“着けるときついブラジャー”です。

“バストが下垂しないように”“バストのお肉を少しでも逃がさないように”等、様々な思いがあり、バストをしっかり固定して支えようとして、きつめのブラジャーを選んでしまいがちでしょう。

しかしよく考えてみてください。
“きつい”ということは、“身体よりも小さい”ということになります。

日常身体は色んな動きをするので、先ほどのきつい、つまり身体よりも小さいブラジャーを身につけることで、バスト周りの肉は当然はみ出て身体のラインがボコボコになったり、それが結局は離れパイの原因にもなります。

“帰宅したらまず、ブラジャーを外したい!”“ブラジャーを外すと身体が解放された気分になる”と日々の生活で思う方は、きついブラジャーを選んでしまっている可能性大。

きついブラジャーはまさしく、着けても意味のないブラジャーということを覚えておいてください。

みんな大好きあのブラジャー、実は…

最近はカップが内蔵されたいわゆるブラトップや、ワイヤーなしのブラジャーを日常使いしている女性も多くいらっしゃいますよね。

バストが大きすぎたり、またアンダーバストが小さすぎたりすることで、ワイヤーの入ったブラジャーでなかなか身体に合うものが見つけられない方にとって、楽で合わないブラジャーを着けるストレスも解消されることでしょう。

このタイプのブラジャーは、自宅でゆったりする時や、寝る時、体調が優れない時、飛行機に乗る時などに限定使いするのはとても良いです。

しかしこれらのタイプのブラジャーはバストアップやバストラインを整える機能性は期待できず、それどころか長期で日常使いしていると、バストのボリュームがなくなり、バストを支えることが出来ないので下垂もしてしまいます。

洋服感覚で、そっとバストを保護する目的で使用するならは十分ですが、バストそのものを日々整える機能性で考えると、ダメブラジャーに当てはまります。

当たり前とされていることが、必ずしも正しいとは限らないもの。下着選びも同じです。
本来の目的を果たすブラジャー選び。ぜひ今日から実行してくださいね。

【取材協力】
ボディコンサルタント 中島絹代
Body Styling Salon『de VOLTA』オーナー。オートクチュールランジェリーブランド『emeth』デザイナー。

TRILLのおすすめファッション記事はこちら!

品格をキープ!少し“カッチリ”なオフィスファッションコーデ特集

おもわず目線が奪われる!持つだけで“サマ”になる主役級バック

こなれ感もトレンド感も叶う!ユニクロのメンズ服を女らしく着こなすコツ