バリバリ働いていて、周囲からも評価されて…。

お休みの日はヨガやスポーツジムに行ったり、スキマ時間で英語を勉強していたりと、周囲からみたときに“完璧な女性”っていますよね。

でも、不思議なことに仕事はデキるけど、恋をした途端に不器用になってしまう人も意外と多いようです。

そこで今回は、仕事はデキるけど恋がうまくいかない理由をご紹介いたします。

甘え方が分からない

職場で男性と対等に向き合っているせいか、1人の女性として、どう男性と接していいか分からない人も多いのでは?

なかなか素直に甘えられず、恋をしていても、どこか頑張ってしまう…。
相手は決してあなたに対して“デキる女性”を求めていないのに、無理やり完璧でいようとしていない?

でも、そんな恋は長くは続きません。
いつも自分が不満を爆発させることが別れる原因になっているなら、もっと甘え方を研究する必要があります。

心の中で「寂しい」と思っているなら、そのまま「寂しい」と伝える勇気が大切。
いつまでも甘え下手のままでは、彼にとって魅力ない女性に思えてきてしまうでしょう。

上から目線で話す

仕事がデキることは、あなたにとって自分に自信を持つための大切な要素のはず。

だからこそ、彼と一緒にいるときも、どうしても仕事モードをオフしきれずに、まるで後輩に仕事を指示するような口調になっているのでは?

彼といるときは、あくまでもプライベートであって、一緒に仕事をしているわけではありません。

何か頼みたいことがあるなら「○○をやっておいて!」と投げやりに指示するのではなく「○○をしてもらえるとありがたいんだけど…。」と、彼女として彼のプライドを尊重しながらお願いしないと、彼はますます不満をもつことになるでしょう。

彼の前では、あくまでも1人の女性。
仕事モードはオフにして、やわらかく優しい女性でいられるように意識しましょうね♡

オン・オフのメリハリがつけられない

彼と一緒にいるときも常に頭の中は仕事のこと。

せっかくオシャレなカフェに入って近況報告をしようと思っていても、職場から連絡がくれば「ちょっとごめん、仕事していい?」とパソコンを取り出し、カタカタと仕事を始める…。

彼からしてみれば、常に「オン」の状態のまま、仕事をしているあなたが心配でたまらないはず。

それなのに「たまには仕事のこと忘れたら?」という彼に対し「何でそんなことを言うのよ!」と逆ギレしているようなら、恋がうまくいくのは難しいでしょう。

オン・オフのメリハリを上手につけるのも、「本当に仕事がデキる女性」の条件ですよ!

仕事とプライベートを混同しすぎない!

職種によっては、どんなに切り離そうとしても仕事とプライベートは別にできない人も多いでしょう。
でも、ただ仕事のTO DOリストだけをこなし続けるような過ごし方では、相手は一緒にいてもつまらないと感じるはず…。

たまには、仕事のことなんて忘れて思い切り楽しむ時間も必要。
恋と仕事をちゃんと両立させたいなら、何もかもを混同しないようにメリハリを意識してみて♡

次に読みたくなるオススメ恋愛記事!

公私混同はダメ!「職場不倫」になりそうな時に知っておくべきルール

結婚後も働きたい!そんなバリキャリ女性が選ぶべき将来のパートナー像

「職場恋愛はしたくない」と言い張る彼のハートを掴む方法!