世代を問わない人気スポットのひとつに、鎌倉が挙げられます。
これからの季節なら、海辺をゆっくり歩いたあとなどに、カフェでゆっくりお茶をするのも良いですよね。

海辺を活かした独特の文化が発展してきた鎌倉では、古民家を改装して、家族で移り住むほど、この土地に入れ込む人も少なくないそうです。
人気のカフェが建ち並ぶ駅から続く大通りは、都内のような華やかさとは一味違った賑わいがあります。

そんな鎌倉は、ウェディングを挙げようと考えているカップルたちからも熱い視線を集めています。
そう、鎌倉ウェディングがお洒落な人たちの間で密かなブームになっているのです。

先日行われた合同展示会では、花を中心にしたウェディングプロデュースを行っている『DeFi』、スワロフスキーを使った手作りブランド『Suga Rita』、世界観を楽しめるアロマフラワーの『MAU』という、鎌倉に拠点を置く素敵なブランドの新作が発表されました。

今回は、この3つのブランドの展示会レポートとしてご紹介します。

合同展示会潜入レポ

豊富な色のスワロフスキーでカスタム可能な『Suga Rita』

ライター撮影

鎌倉にあるカフェ、『ハウス由比ヶ浜』は鎌倉の駅から徒歩15分ほどのところにあります。
カフェへと続く道には、気になるお洒落なお店がたくさん!
時間をかけて散歩をするのもよさそうです。

さて、ハウス由比ヶ浜では鎌倉ウエディングの展示会が開催されました。
店内には手作りアクセサリーとフラワーアレンジメントが至るところに。
「いつかは結婚式をしてみたいなぁ」と思う人の乙女心をくすぐります。

色味が豊富なアクセサリーは、ウエディングのときだけでなく、日頃から重宝しそうです。
自分が結婚式にお呼ばれしたときにも活躍してくれそうなアクセサリーの『Suga Rita』は、デザインと色をチョイスしてオーダーしてから作る、お洒落ブロガーたちの間でも話題になっているブランドです。

ライター撮影

大ぶりなピアスは、ウエディングドレスにもぴったり!

写真のピアスは、刺繍を駆使して作られていて、アンティークパールが使用されています。
大きさから想像すると、重たそうに見えますが、重量はたったの6g(片方)と、つけていることを忘れてしまうような軽さでした。

フラワーアレンジメントで結婚式を彩る『DeFi』

ライター撮影

花を中心にしたウェディングプロデュースを行っている『DeFi』さんが作った、オリジナルトレイがこちら。

絶妙な色味はお花に色を付けるスプレー染料を使ったのだとか。
花を駆使するイベンターならではのアイディアですね。
ハウス由比ヶ浜のオリジナルカップも目を惹きます。

ライター撮影

カフェ店内には、まるで今日が誰かの結婚式のように、いたるところにお花の装飾がされていました。
花が多いと子供っぽい印象にならないかと聞いてみたところ、花を使うことで、キュートな印象はもちろん、シックで上品に仕上げることも可能なのだそう。

DIY風ウェディングを計画している方に向けてのアドバイスをお伺いすると、「使うお花の色味とグリーンの割合を意識すると、自分が思い描いたデコレーションに近づくはず」とDeFiさん。

ライター撮影

展示会のために作られたトレイは、ステンシルの柄を板の上に置いて、数種類の色の花染色スプレーで仕上げてあります。
並べると絶妙なグラデーションが綺麗ですね。
長く使いたいという人は、上からニスをかけてあげると良いそうです。
手作りウェディングの参考になるアイディアですね。

ライター撮影

あふれんばかりの花々は、たくさんの色味が使われていました。
カラーミックスをしても格好がつくのは、プロならでは。
色を選ぶコツをきいてみたところ、全体の構成を考えてから選ぶと良いそうです。

『Suga Rita』の精巧な刺繍技術!

ライター撮影

当日は、なんと手作りジュエリーデザイナーの松尾ゆう子さんが、刺繍を駆使したアクセサリーを作るデモンストレーションも行われました。
さすがに刺繍を真似をすることはできませんが、手作りのアイテムは花嫁さんへの最高のプレゼントになりそうですね。

ライター撮影

展示されたアクセサリーを試着する人も。
カフェ営業形式だったため、通常のお客さんと、展示会に来た人とが和気あいあいと試着をしていました。
耳のうしろから覗くタイプのピアス、イヤージャケットが新鮮ですね。

ライター撮影

カフェの本棚に並んだジュエリーは、すべて手作りというのだから驚きです。
デザイナーの松尾さんは、自身の金属アレルギーをきっかけに、ジュエリーを手作りするようになったそう。
松尾さんの作品には、ゴールドフィルドという、アレルギー反応が起きにくい※金属が使われています。(※個人差あり)

ライター撮影

結婚式のセレモニーが終わっても、普段から身に付けたくなるようなイヤージャケット。
この左右のピアス、形は同じですが、色が違うだけでまったく別なアクセサリーに見えませんか?
数ある色を選んでカスタマイズできるのもシュガリタの強みです。

引き出物にもぴったりなアロマ『MAU(マウ)』

ライター撮影

こちらは茶葉を入れる缶に、特殊な紙でできたお花で、まるで小さなガーデンのような世界観が表現されています。
花びらや葉にアロマ精油を数滴落とすだけで、良い香りに包まれるというもの。
花葉に使われた紙は、1年間使っても色あせないのだとか。お気に入りのアロマ精油を持ち歩けば、旅先でも香りが楽しめます。

ライター撮影

こちらは小さな缶の中に作られた庭園。
どの部分に精油を垂らしても良いそうです。
ここから精油が香るなんて素敵すぎませんか。

これなら引き出物のギフトにもぴったり、ゲストにいつまでも香りを楽しんでもらうことができますね。

今年はDIY風ウエディングがますます人気!

ライター撮影

今年のトレンド入りを果たしそうな、手作り風DIYウェディング。
アイディアを取り入れてやってみたいと思っているカップルも多いようです。
「自分たちだけでは難しそう!」と思ったカップルは、展示会などを利用して、鎌倉ウエディングを体験してみるのもいいのではないでしょうか。

各ブランドの公式ページはこちら
SugaRta/DeFi/MAU

TRILL編集部が選ぶおすすめ記事!

女度をあげる「赤い靴」!こなれた感を格上げするテクニック集

人気第1位のスーパーフード「チアシード」の魅力と簡単レシピ!

オトコの本音!男性の言う「誰かいい子いない?」の“いい子”の真意とは?