近頃よくスリットの入ったアイテムを身につけた女性を見るようになりました。

スリットは、魅力的な女性を連想させるアイテムのひとつ。
アラサー女子の中には、色っぽい女にシフトしたい!なんて思ってる方もいるのでは?

一見ハードル高そうに見える「スリット」ですが、ちょっとしたコツを掴めば簡単に取り入れられることが出来るのです。

今回は、そんな今注目のスリットコーデをご紹介します。

定番のスカートでエレガントな女性に

トレンドのデニム素材もスリットでランクアップ

今期のトレンドでもあるデニムのスリットスカート。
ホワイトのシャツと合わせた上品なコーデです。

ホワイトのシャツがとても爽やかな印象で、媚びないかっこよさのある仕上がりになっています。

スリットからすらっと伸びる脚が、とても色っぽいですね。
全体のカラーがとても落ち着いているので、できる女の印象もありながらどこかエレガントさも感じます。

ぜひアラサー女子に真似して欲しい、色使いとアイテムです。

スリット×スニーカーでちょうどいい抜け感

スリット

出典:http://wear.jp/

白のワンピースがとても爽やかなコーデですね。

このコーデのポイントは、スリットとスニーカーを合わせていること。

スリット×ヒールをイメージする方も多いかもしれませんが、実は「スリット」というアイテムだけで、十分大人の色気を演出できるのです。

そこにヒールを合わせてしまうと、大人の色気むんむんコーデに…。

ちょっとした抜け感が、スリットを上手に着こなすコツ。
抜くところは上手に力を抜いて、女性らしさを引き立てましょう。

他と差をつけるスリットアイテムなら

ワンピース

出典:http://wear.jp/

周りとちょっと差をつけたい方は、バッグにスリットが入ったワンピースなど挑戦してみてください。

普段見えない部分の肌が見えるからこそドキっとしてしまうもの。
背中のケアもしっかり忘れずに!

ただこのコーデのように、露出する肌の面積が多くなる時は他の露出は抑えることが大切。
足し引きは、色っぽくなりすぎない大人の色気を演出する鉄則です♡

セクシーになりすぎるのが心配な人は…

パンツでさりげないチラ見せ

すりっと

出典:http://wear.jp/

やっぱりスリットはちょっとハードルが高いかも…。
そんな方は、スリットパンツがオススメ!

足首から膝のほうにかけてスリットが入っているパンツなら、初心者さんでも気軽にチャレンジできます。
スリットもそこまで深くないので、合わせるアイテムにそこまで気をつけなくても色っぽくなりすぎる心配がありません。

このモノトーンコーデも足首のスリットとふわっとした質感のトップスを組み合わせてあるので、色気もありながらスッキリした印象に。

もちろん、足元はヒールでレディ感を忘れないでくださいね。

ストライプとスリットで脚長効果

ホワイトにストライプ柄のスリットパンツ。

スリットとストライプで縦に印象をつけるコーデで、脚長効果が期待できます。

普通のハイウエストパンツと黒のトップスだと、どうしてもかっちりした印象になってしまいます。
出来る女感は出ますが、ちょっと近寄りがたいオーラになってしまうかも。

そこでちょっとスリットを加えるだけで、隙のある色っぽさが生まれるので◎!

ワイドパンツもやぼったくならない

スリット

出典:http://wear.jp/

去年からトレンドのワイドパンツ。
トレンドだから取り入れたいけど、ちょっとやぼったく見えてしまうことってないですか?
とくにこの時期だと、パンツのカラーや形で随分印象が重く見えてしまうことも。

そんなワイドパンツにもスリットを取り入れることで、トレンドも色っぽさも手に入れることが可能!

春らしいキャメルのパンツに白トップスで、大人の女性らしいコーデですよね。
ありきたりな組み合わせに見えますが、足首に入ったスリットがセクシーさを引き出しています。

スリットは大人の色気を高めるアイテム

なかなか挑戦しづらいスリットアイテム。
色っぽすぎない、ちょっとした抜け感をどうしたら出せるのか…。

オシャレさんのコーデを見ていると、落ち着いたシックなカラーのスリットアイテムが多いことが特徴です。
それは、カラーや柄もあるものだとスリットの印象が強くなってしまうから。

カラーはあえて地味なものを選ぶことが、スリットを上手に取り入れるコツ!

より大人の女性らしい媚びない色っぽいコーデになりますよ。
上手に足し引きして、「スリット」アイテムを楽しんでくださいね。

注目のファッション記事はこちら!

分け目を変えたら美人になれた!前髪を使い分けて簡単イメチェン

いい女の代表格シューズ=アンクルストラップの魅力とは?

大人レディの強い味方。上品な着こなしなら迷わず「ネイビー」に頼れ!