「本当、あの人仕事できるよね」
…なんて尊敬の声を多く集める女性は周りにいませんか?

バリキャリ女性はクールで仕事をテキパキこなす傍ら、人間関係の配慮も上手
自分が前に出過ぎずに男性を立てることも知っています。

今日はそんなデキ女に共通する行動や配慮の共通点を3つお伝えいたします!

デキ女共通点①ホウレンソウが素早い

まず非常に感じるのは、レスポンスが迅速ということ。
メッセージのやり取りや、アクションに対して反応が良い傾向があると思います。

レスの反応が素早いというだけで、仕事が早く進んでいくこともそうですが相手に与える信頼は大きく違うのではないでしょうか。
「あ、ちゃんと見てくれているんだな」という、見えない安心感にもつながりますよね。

あとは、仕事の連絡や相談はするけれど終わった後の「報告」が一番重要。
多くの人が一件落着すると、そのまま次の仕事へと気が移ります。

しかし、仕事をした相手だったりお願い事をした相手は「その後の経過」が気になるものです。
その気持ちを先読みして、終わった仕事に対してもきちんと報告する。

そして良かった所や今後の改善点などを付け加えて報告できるならば、さらにデキ女認定を受けること間違いなし!

デキ女共通点②空気を読む力が長けている

そして、場の空気を読む力が鋭いのも特徴の一つだと思います。

《例えばこんな場面》
・今足りないことってなんだろう?
・問題点はここだな!とわかる
・でしゃばってはイケナイと判断できる
・人間関係の上下感をつかむのがうまい

このように、一口に空気を読む力と言っても様々なことが考えられますよね。
しかしデキ女に共通している点としては、聞かなくても察することが出来るということ。

大人になると直接的に質問ができない状況に出くわすことはありませんか?
「聞きたいけど、これってどうなんだろう…」
そんな時に空気感や表情で相手の気持ちを理解するのは、なかなか難易度が高いことなのかもしれません。

日頃から相手の気持ちを先回りして、感じ取る意識が必要になるのではないでしょうか。

デキ女共通点③謙虚さを忘れていない

もっとも重要なデキ女ポイントは「謙虚である」ということ。
デキ女は周りが呼ぶ名前であって、本人は自分のことが仕事ができると自覚していません。

ツンとして、私ってデキるでしょ?と高ぶっているのは本物ではないと思います。
“自分はまだまだで、周りに支えてもらっている”という意識が根底にあるので、物腰も柔らかい人こそが本物のデキ女。

自分を過信していないからこそ、何か指摘を受けた時に自分に矢印を向けることができると思うんですよね。
人の痛みや気持ちを察することができるから、本人の心も美しく優しい。

そんな一歩控えめでどこか伸びしろを残したままな姿が、デキ女スタイルなのです♡

<おまけ>クール&ウォーム

常に気を張っていなくてもOK。
オンとオフを使い分けて、クールに冷静な判断ができる時と優しく人情味があるようなウォームな自分。
そんな二面性を使い分けてみてはいかがでしょう?

アラサーに突入した大人女性は、ミステリアスな一面があっても◎。
ぜひクール&ウォームを意識してみてください。

デキ女習慣は、仕事だけに限らずあらゆる人間関係で活用できるものばかり。
ぜひ3つの仕事術、取り入れられるところから始めてみてください!

チェックしておきたいおすすめキャリア記事!

バリキャリ女性が空回り。オンとオフをうまく切り替える3ポイントとは?

デキ女はやってる、メモ習慣。日常的にメモを取ることの3つのメリットとは?

キャリアウーマンの知恵袋!スーツを着こなすにはインナーにひと工夫を