お洋服もキメたし、シューズも最旬のトレンドをおさえてる。
それでもなぜか、どこか垢抜けない。
全体のコーディネートを見て、ふとそう思ったことはありませんか?

そんな時は、手に持っている「バッグ」こそ見直してみて。

今回は、イイ女を目指すなら間違いなく取り入れるべき!「小さめBAG」をご紹介します。

クラッチバックを持つ女性

出典:http://wear.jp/

ついつい「大きいサイズ」を選んでしまいがちな女性

メイクポーチ、スケジュール帳、財布、香水、お気に入りの本、携帯の充電器…お出かけをする時、一緒に連れて行きたいアイテムが増えてしまう人も多いはず。

「大は小を兼ねる」と言いながらついつい大きめのトートバッグを選んだり、身軽に歩けて楽なリュックサックで過ごしたりと、実用性を重視することももちろん良いこと。

でもちょっと待って!
大きい収納に優秀な「良い子」な大きめバッグも必要だけれど、イイ女を目指すなら、今間違いなく手元に置くべきは「小さめバッグ」なんです。

小さいバックを持つことは、自分にとって本当に必要なものを知ること

小さなバッグを持つ女性

出典:http://wear.jp/

話題の本、「本当に必要なものはすべて『小さなバッグ』が教えてくれる」。
そこには、バッグと女性の生き方の関係の不思議が描かれています。

女性の人生は限りなく有限で、短いもの。その貴重な時間の中には、意外と多くのものは入りません。

本当に必要なものなのか?それはわたしが今求めているものなのか?そんなことを小さなバッグを使うことで、自分に問いかけることができるのです。

女を格上げ!憧れハイブランドの小さめバッグたち

一度は手にしてみたいハイブランドの小さめバッグ。

そっと手に取れば、その質の高さや美しさに本物を感じて、手に取るしぐさもどことなくエレガントに。

“主役級”のバッグをご紹介します。

CELINE(セリーヌ)の「トリオバッグ」

ラム革でつくられたセリーヌのショルダーバッグ(ポシェット)のトリオバッグ。
無駄な装飾のない極めてミニマルなデザインで、どんなコーディネートにも合う万能選手。
年齢とともに、使い込んでなじませていく楽しさがありそうです。

CHANEL(シャネル)の「チェーンウォレット」

世界中の女子の羨望ブランド、シャネル。
その理由は、ブランドから女性らしさと自立した凛とした生き方を感じ取れるからなのかもしれません。
そんなシャネルの定番といえば、やっぱりこのチェーンバッグ。
いつか使い込んで、ヴィンテージとして子供に譲って大切に使っていく、そんな楽しみ方はまさに本物の女性の証拠。

HERMES(エルメス)の「キャンバスクラッチ」

エルメス、というハイクラスのブランドから出ている、ラグジュアリーな中にハズし感がたまらない、エルメスのキャンバスクラッチ。
型押しされたさりげないブランドロゴに思わず胸を張って歩きたくなりそう。

毎日を彩る「小さめBAG」で軽やかに自由に出かけよう!

小さいバッグを持つべきは、特別なパーティーの日だけじゃない。

「その日一日を特別にできる」そんな自分は、小さめBAGでつくれるのかもしれません。

あなたが本当に一緒に持っていきたいものは?
そんなことを自分に伝えてくれる、オンリーワンな小さめBAGを取り入れてみましょう!

編集部イチ押しのファッション記事!

男女ともから高評価!私たちの美人を作ってくれる魔法の色は「白」

大人の抜け感が決め手!王道「Iラインワンピース」の今年らしい着こなし

【2016夏】今年マストバイTRILL編集部厳選ファッションアイテム